これぞオトナの雑学!知らないと損する驚きの豆知識!

雑学って言ってもいろいろありますよね。その中からためになる大人の雑学を集めました!
スポンサーリンク

知って得するオトナの雑学、子育ての豆知識

あれしなさい、これしなさいとうるさい親の子供はと、75%が摂食障害になる

人の本能には自分で決めて自分でやりたいというものがある。「これをしなさい」や「あれはダメ」といちいち本能を抑えつけると、思春期にはいって自我が目覚めたころに、自分が生きていることを証明する方法を悩む。

そこで食べ物を食べる、食べたものを吐き出すというような、自分自身をコントロールするための行為を無意識のうちにするようになってしまい、摂食障害となる。知っていると助かる、子育ての豆知識

a4201552e0478391a99d8030ac90c127-226x300

 

 

 

子供を怒るときは、主語を自分にして怒る

「普通はこうするんだよ」「こうするのが常識なんだよ」といったしかり方をすると子供が反抗しやすい。思春期にグレてしまいやすいしかり方。

「あなたがそんなことすると、お母さんは悲しいな」と自分を主語にしてしっかりと気持ちを伝えると、子供の心にも響くようになり。抵抗がしにくいしかり方。

5

 

 

 

うそつきな子供の親はよく口出しをする

親が口出しをしすぎると、子供は慣れてしまい親の注意に耳を傾けなくなる。さらにその場しのぎのためのうそが多くなり、親子関係が崩れだす。

2314

 

 

父親が子供と積極的に話すことでと子供の成績はアップする

6歳までは母親の存在が重要で、7歳以降は父親の存在が重要になる。母親は感情的な話をするのに対して、父親は子供に対しても理論的な話をするので、父親との会話により理論力、判断力がアップする。国語や算数の成績がアップする。

10250000532

子供に夢を持たせるためには父親が重要

夢に向かって努力する子供の頭は良い傾向にある。母親は目先のことに目をやりがち。大きな夢や目標を達成するためには父親のアドバイスが大切。「勉強しなさい」というと子供は勉強をするフリをするが、夢を持つ子供は自分からすすんで勉強するようになる。

mito_photo01

恋愛を成功させる雑学

スポンサーリンク

自己紹介の仕方を変えるだけでモテる方法

自分の職業を紹介するときに、どう印象付けるかがポイント。
たとえばですが「私は心理カウンセラーです」と伝えるのと「私は心理学者です」の場合、前者のほうがモテる。
心理カウンセラーといえば、人のためにやっている暖かい印象ですが。
心理学者 は 自分のためにやっているという冷たい印象がします。
人の印象を決める中心的な特性として、「温かい人」か「冷たい人」かがある。
人は第一印象から温かい人に好意を持つ。

comu044

 

 

 

合コンなどで飲んでいるビールを遠くに置くとモテる

男性は陣地を広く取ることで力がある人に見え、女性にモテる。ビールを遠くに置くと、自分の場所を広く取ったように見えモテる。逆に女性は近くに置くことで、おしとやかに見える。本能への勝負。

E1418280934082_1

 

 

 

真剣に女性を口説くときは、青色の服が効果的

青色は男性色とされており、男らしさを連想させる。逆にダメな色は黄色。黄色の意味はコミュニケーションの色。黄色の服を着ていると、誰にでも同じことを言ってると思われがち。

2013-08-14_085759

 

 

 

 

おでこを見せているとモテ度UP

おでこを出す = 隠し事なくすべてをさらけ出す

髪の毛でおでこを隠すと、本能的にうそや隠し事をしているように思われやすい。おでこを出している人に対しては、「この人は自分に包み隠さず、すべてを見せてくれている」と本能的に感じやすくなる。
眉間の上(おでこ)をすこし出しているだけでも効果的。

IMG_4217ee-375x500

 

 
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ